生活に役立つかもしれない知識やアイテムを公開!

※思春期ニキビの治し方-にきび跡を残さず即効で治す方法をまとめてみた

投稿日:

思春期ニキビとは?

 思春期ニキビは、10代の中高生~20代前半に多く、顔全体的に出来きるのが特徴で、洗顔の方法やお化粧品などで影響受けやすいです。

  思春期は、成長ホルモンの分泌が活発になり皮脂が過剰に分泌され脂っぽくなります。

  思春期ニキビは、若い年齢でも、特に中学~高校時代の年齢が特に出来やすく、学生時代は、体育、部活など、運動で体を動かす機会が多く、汗を良くかきます。そのあとに、必ずスキンケアする人は少ないでしょう。しても、サッと水で顔を洗うくらいでしょう。だいたいの人は自然乾燥です。

 そのままでは毛穴に古い角質などの汚れがたまり、雑菌が詰まった皮脂をエサにして増えて、皮膚トラブルになる物質を作り出します。そして皮膚が化膿してしまった状態が、にきびが引き起こされるのです。

  また、受験勉強などで夜遅くまで勉強し、寝不足となり不規則な生活になりがちです。

 さらに、おしゃれにも敏感な時期で、髪の毛に整髪料をつけて、髪をセットする機会も多く、その手で、顔を触ったりするでしょう。それも原因のひとつです。

  整髪料には、油分を多く含んでいます。油分は毛穴に詰まります。特にワックス。危険です。髪を触ったあとは、できる限り顔を触らないようにするか、必ず手を洗いましょう。

 ニキビの原因は毛穴の詰まり。毛穴に詰まりがない場合、分泌される皮脂が毛穴につまることなく外に出ていき肌にきれいな膜ができ、保護してくれます。

思春期にきびの原因

思春期ニキビは大人ニキビと違い、完治させることが大変です。

 大人ニキビの場合、食生活や睡眠、タバコやお酒、ホルモンバランスと多く原因があり、その原因を一つずつ改善していけば、治すことができます。

 しかし、思春期ニキビの場合は、原因は同じですが、その中でもホルモンバランスが占める割合が多いです。それは、思春期特有の成長ホルモンがたくさん分泌されるからで、ホルモンバランスは自分ではコントロールできませんので、治すことが非常に難しいのです。

  対策としては、肌をきれいに保つことが一番です。洗顔をきちんとし、化粧水、乳液を使う事。これだけでも思春期ニキビのひどい状態でも徐々に改善していきます。

思春期ニキビの種類

 思春期ニキビにも種類があり、その中には、ニキビ跡になったり、やがてシミになってしまう危険なニキビが存在します。

今できているニキビを確認して今後の対策をしましょう。

≪黒ニキビ≫

 黒ニキビは、初期段階のニキビで、角栓の先端が酸化することで黒ずんでしまっている状態を黒ニキビと言います。鼻等で見られるニキビで、いちごのような肌でいちご鼻と言われることもあります。

≪白ニキビ≫

 白ニキビは、毛穴の中に角質や汚れが溜まることによって、分泌された皮脂と混ざり合い角栓となって毛穴を塞いでしまっている状態です。炎症は起こしていないので、この段階で治せるとニキビ跡も残らないです。

≪赤ニキビ≫

 赤ニキビは、白ニキビや黒ニキビが悪化し炎症を起こしたニキビです。毛穴の中に菌が繁殖し、皮膚内の蛋白質を刺激することで炎症を引き起こします。この段階だと黄色信号です。

≪黄ニキビ≫

 赤ニキビが更に悪化してしまった状態を黄ニキビと言います。毛穴の中に膿が溜まってしまっている状態で、完治には時間がかかり、炎症が治まってもニキビ跡や色素沈着でしみになる可能性が高いです。黄ニキビまで悪化させないように日々のケアをしっかり行いましょう。

乾燥肌のお手入れ方法

 10代半ば~20代前半でニキビがある人には、乾燥肌の人は少ないです。しかし、元々脂性肌の人が、一日何度も洗顔したり、洗浄力の強い洗顔料、スクラブ入りなどを使っていると、皮脂を必要以上に落としすぎてしまったり、肌への負担が大きく、次第にカサカサになり乾燥肌へなる場合があります。

 その場合、肌が非常に敏感になっていますので、スキンケアは注意が必要です。 まず、洗顔料は刺激が強いものは絶対に使わないこと。ゴシゴシ洗わず、たっぷりの泡で優しく洗いましょう。

洗顔後は、化粧水で水分補給し、乳液で保湿してうるおいキープしましょう。乾燥がひどい場合は、クリーム等も使うと良いかもしれません。

 冬は特に乾燥しがちなので、乾燥肌の人は、こまめにケアするように心がけましょう。

 思春期ニキビには、プロアクティブが定番ですが、洗顔料、化粧水ともに刺激が強いため、乾燥肌の人にはオススメできません。プロアクティブより、ビューティーiQがオススメ。お試しセット6点セット1260円!お試しセットでもトータルケアが可能です。

脂性肌のお手入れ方法

 10代半ば~20代前半(思春期)でニキビがある人の多くは脂性肌(オイリー肌)です。オイリー肌の人は、洗顔時に皮脂を十分に落し切れてないか、洗浄力が強すぎる洗顔料を使っている場合が多いです。

 はじめに、皮脂や汚れを落としきれてない人は、洗顔の仕方が駄目なのか、洗顔料の洗浄力が弱すぎるのかが当てはまります。洗顔の仕方として、たっぷりと泡を立ててない人が多いです。きちんとたっぷり泡を立ててから、優しく洗うように心がけましょう。

 洗顔料の洗浄力については弱すぎても駄目ですし、強すぎても駄目です。強すぎる場合、皮脂を落しすぎてしまい、皮脂の分泌を速めてしまいます。皮脂は、肌を保護してくれてもいますので最低限の皮脂は必要なので、洗って落し過ぎてはだめなのです。

 つまり、バランスの良い洗浄力の洗顔料を選ぶことです。

 CMでも有名ですが、思春期ニキビにはプロアクティブが定番ですが、洗顔料、化粧水ともに刺激が強いため、皮脂の落し過ぎてしまう場合がありますのであまりオススメできません。

 そこで、プロアクティブよりアクポレスがおススメ!  日本人の肌に合うように作られていて、肌によくない成分は無配合。できてしまった思春期ニキビやニキビ予防にも最適です。

混合肌のお手入れ方法

思春期ニキビで一番ケアが難しいのが、混合肌タイプの人です。混合肌の人は、意外に自分で気づいていない人も多く、スキンケア方法を間違えている人が結構います。

 逆に、自分の肌の理解している人で、神経質な人は、乾燥肌の部分と脂性肌の部分で、洗顔料から化粧水を違う商品使っているなんて人もいるようです。
 しかし、そこまでしなくても、的を得たお手入れをすれば問題ありませんので、過度な心配はいりません。

  混合肌の人は、Tゾーン(額・鼻・アゴ)はベタつくのに、Uゾーン(目元、口のまわり)はカサつきが目立つ感じだと思います。洗顔をするときは洗顔料をよく泡立てて、Tゾーン(額・鼻・アゴ)は指先で丁寧に洗い、Uゾーン(頬・口のまわり)、目元は泡をころがすようにして洗うのが理想です。

  化粧水はじっくりと、少量ずつをくり返し何回か手でつけます。(コットンならなお良い)ニキビ対策の化粧水としては、殺菌・抗菌作用、消炎作用のある成分配合のものを使うようにしましょう。

 ニキビケアには、『アクポレス』がオススメ。オールタイプの肌に対応しておりクレンジング、洗顔、化粧水、美容液、乳液が付いていますのでトータルケアできます。

-悩み
-, , , , , , ,

執筆者: