普段の生活に役立つ知識やアイテムを公開していきます。

溶連菌?扁桃炎?副鼻腔炎?助軟骨骨折?体調不良が続くの巻

投稿日:

風邪の原因は息子から感染か?!

ここ1ヶ月体調不良で寝込んでました。

人生で最長の体調不良で、これはいかんと思い、今後の為にメモしようとブログで書いておきます。

まず、息子が風邪で鼻水、咳、淡、発熱の症状があり、俺もうつるかもと思いながら、やっぱりうつりました(涙)保育園に通うようになり息子もよく菌をもらってきます。こどもは、まだ淡や鼻水を自分の力で出せないので、かわいそうです。

私は初期症状で熱39.2度、咳・鼻水・喉の痛みがありました。

長引くのが嫌なのですぐに病院へ。

病院で溶連菌の検査

医師の喉チェックで、『だいぶ喉赤いね~、辛いでしょ?』と言われ、痛いですと毎度風邪の時のやり取りをして、お薬を処方してもらう展開になり、いつも通りの処方箋になりそうでした。

実は今年に入って半年、溶連菌と扁桃炎にかかりました。

そのことを医師に伝えたら、まず溶連菌の検査しましょうと言われ、口を大きく開け、のどに綿棒みたいなのをあてる検査をしました。

インフルエンザの検査もそうですが、この検査苦手です。必ずオエってなります。朝の歯磨きあとみたいでほんと苦手。

検査結果が1時間後に出て問題なし。

血液検査で細菌感染かを検査

そのあと、血液検査をして細菌感染か確認。

結果、数値が高い項目があり、なんらか細菌に感染しているとのこと。抗生物質を3日分処方され様子をみることに。

4日後、熱は下がり、のどの痛みも軽減しましたが、咳、鼻のぐじゅぐじゅは治らず、淡もでます。

とりあえず、熱が下がったから、大丈夫かと思って1日後、ぶり返し。また39度になり、病院へ。

また、違うタイプの抗生物質と咳止めを倍の容量を処方されました。

咳のし過ぎで、骨折?!

2回目、処方された薬を飲み切りましたが、熱は下がるけど、まだ治らず。

この病で一番つらいのが咳である。咳で夜も寝れず、寝ても咳で起きる生活です。

ある日、咳をしていたら、左わき腹に激痛が。『折れたか?』と思いつつ、痛みのところ押すと痛い。

よく咳で肋骨骨折すると聞いていたので、不安でしたが、骨折しても特に治療する術もないみたいなので、様子みることに。

が、次の日車を運転中、咳をしたら右胸の下あたりに激痛が!またか?!と思い触ると痛い!

これは、わき腹より痛い。ここからが地獄でした。

起き上がると激痛、立ちながら物を拾おうとすると激痛、咳でも激痛、深呼吸でも激痛。一番はくしゃみ。悶絶です。

これは、完全に骨折だと思い、病院に行きレントゲンを撮ってもらいました。

医師がレントゲンを診て、『綺麗な肺だね~、骨も問題なし。筋肉か、筋を痛めたんじゃないかな。2,3日で治るでしょう。』だって。

私としては納得のいかない答えでしたが、レントゲンで異常ないと言われたらなにも言えず。でも、筋の痛みなら経験があるので違うと思いました。

仕方なので、痛み止めを処方してもらい、様子みることに。

助軟骨骨折?熱が再発

1週間後、やはり治らず、熱もまたぶり返したので病院に。3回目である。過去最長を更新。

さすがに他の先生に診てもらい、再度レントゲン。またも異常なし。

触診してもらい、『そんなに痛いなら、軟骨かな?助軟骨にヒビが入っているかもしれないね。』とのこと。

あいまいだな~と思いながら、咳や鼻の症状については、『目の下とか押すと痛くない?蓄膿症なったことある?副鼻腔炎とか?』と聞かれ、ないですと答えました。

また、違うタイプの抗生物質と、痛み止め、張り薬を処方してもらい帰宅しました。

病は気からと思いながら、また完治しないだろうなと思いながら薬を飲みました。

小学生以来の耳鼻科へ行ってみる

あれから1週間。やはり治らず。そこで前回気になる病名、副鼻腔炎とやらかと思い、耳鼻科へ。実に30年ぶり。

早速、診察してもらい、鼻のレントゲンを撮ると、『うーん、副鼻腔炎なりかけかな、症状は軽いほうだけど、喉が真っ赤だね。』

またもややあいまいだ(笑)また抗生物質を処方してもらい、鼻の穴に蒸気みたいな薬を吸って診察終了。

その後、2日で鼻のグジュグジュは治り、咳も止まりました。ただ淡は相変わらず出ます。それでは咳が止まったのは大きい。咳が止まらないことには、骨折も良くならないので一安心です。

助軟骨骨折はレントゲンでは分からない?

ネットでも色々調べてみましたが、助軟骨骨折はレントゲンでの発見が難しいみたいです。助軟骨骨折を疑う場合は、まず整形外科を受診するがベター。私は、風邪の症状があったため、内科でした。たぶんこれがよくなかった。

あとは、今回の長引いた原因は、鼻の中に細菌が死滅しないままだったことではないかと思います。はじめてのことだったので、耳鼻科の選択肢がなく、内科で事足りると思ってしまったのがダメでした。

その後、助軟骨骨折であるのではないかと思われる痛みは、1ヶ月半ほど安静にしていたら、治ったようです。この間は、筋トレやランニングができず、動く動作が苦痛でした。胸の下は日常の生活でかなり負担がかかる箇所なんだと発見があったので良しとします。

もし、咳で激痛があったら、まず整形外科を受診しましょう。

-病気
-, , , , , ,

執筆者: