普段の生活に役立つ知識やアイテムを公開していきます。

※評判通りジョナサンのバイトは厳しい?髪色や面接は?口コミまとめ

投稿日:

ジョナサンのフロアーの仕事内容


ジョナサンでのバイト求人には「フロアー(ホール)」と「クック(キッチン)」の二つが出ているかと思います。

フロアーは接客、クックは調理に別れます。クックはフロアーに出てくることはないので接客が苦手な人はクックになればお客さんと接することはありません。

フロアーの業務は接客全般ですが、お客さんの席への案内、料理を運ぶ、片付ける、お会計、そして掃除とラッシュ時のための準備です。

調理はしませんが「カウンター」といって簡単なデザートを作ることはあります。

カウンターも含めて担当が決まっており、「10~20番のテーブルを担当する」「料理を運びオーダーは受けない」「案内と会計に集中する」などと分かれていますが、これはピーク時であって暇な時間帯には人員が減らされるため一人~二人で全てをこなします。

クックはどんなことをするの?

クックは主に調理ですが、フロアーと同じく担当があります。担当によって作る料理の内容が変わってきますが、どれもマニュアル化されており包丁を使うことは滅多にないので、調理の順序や盛り付けを的確にできるかどうかが大事です。

皿洗いのみというのはなく誰かが兼任します。こちらもラッシュ前の準備や掃除も行い食材の管理もします。

オフピーク時には人数が減り、ラッシュ時の準備をしながら入ったオーダーを全て一人~二人でこなすことがあります。

最初からいきなりやらされることはないですが、それでも初めて一人でやるとなると混乱しそうになります。

シフトはどう組む?時給や昇給は?

予定は一週間ごとに組まれ、休みたい日がある場合は事前にマネージャ(店長)に相談します。

シフトは曜日である程度固定化されていることが多いです。

時給は混雑が見込まれる店舗は高め、そうでない店舗は低めとなっています。

また、都内のほうが高いのは否めないので、駅を一つ動けば都内という場合は隣駅に通勤するという手もあります。

昇給は年に一度、10円単位であります。

シフトにどれほど貢献できたかなどといった働きぶりで上がっていきます。急激に上がるということはまずないですが、学生でも真面目に戦力になるように働いているとリーダー格へと上がっていくので、そうなると時給も上がりやすくなっていきます。

ジョナサンのバイト評判通り厳しい?


接客、飲食としては大変な方に入ると思いますが、運動量や気遣いが必要ということで、9時間を越える拘束や無理なスケジュールというのは基本的にありません。

バイト募集中でクルー不足という店舗もありますが、土日の混雑する曜日には他店舗からヘルプが来ることもあります。

接客に興味のある人、人を笑顔にしたいという人には向いていると言えます。接客の基本がきちんと身につくのでその後別のバイトに転職したとしても経験が役に立ちます。

また、接客のないクックの場合は、包丁を使うことがない(ゼロではない)とは言え、長く続けていると総じて料理のセンスが上がってくる傾向にあります。やはり食に興味のある人には向いているでしょう。

お客さんが満足して帰っていくときほど遣り甲斐を感じます。

髪色は?バイト目線で見るメリットとデメリット

メリットは先ほど言ったように接客に強くなるということです。

例え将来事務に就職したとしても電話対応やときにお客さんに接することも出てくるでしょう。そうしたときに「やっててよかった」と思えます。

また、社員登用制度もあるのでその業界が気に入ったのならそのまま就職を目指すこともできます。

そしてファミレスで楽しみなのがまかないですが、ほとんどのメニューが(金額に上限あり)一律400円程度で食べられます。また、月に一度スカイラークグループの割引券がもらえます。

デメリットはネイルや髪など派手なものは禁止ですので、既に髪が染まっている人は見直しが必要になります。そして重たいお皿を持って何度も往復するので腰を痛めてしまうことがあります。

クックの場合は厨房が暑いことと、水仕事なのでどうしても手荒れしやすくなります。

社員やバイトはどれくらいいる?人間関係は?

人間関係に関しては一概に言うことは難しいでしょう。ただ、マネージャの人柄でその店舗の雰囲気に影響が多かれ少なかれ出てくることと思います。

仕事だけでなく人を繋ぐのが自然とできているマネージャの元で働いていると、ある程度馬の合わない人がいたとしても仕事上それなりにまとまっていきます。

大体社員はマネージャを含め3人ほどで、他はバイトやパートで成り立っています。

ランチタイムにはパートの主婦、ディナータイムには学生のバイトという構成になることが多いため、昼と夜で雰囲気ががらりと変わることもあります。

どんな職場でもそうですが、ファミレスは特に連携を必要とされる職種です。

自分のことだけしていればいいというのではなく、お互いの動きを見ていけると、仕事上の動きだけでなく信頼も生まれ、自然と人間関係も円滑に保たれるでしょう。

-お仕事
-, , , , , , ,

執筆者: