生活に役立つかもしれない知識やアイテムを公開!

海外FXは【出金するまでが遠足】出金ルートをふんわりまとめてみたよ

投稿日:

海外FXは出金するまでが遠足

ある程度利益が積み重なれば、出金ですよね。

国際銀行送金だと手数料が高いとこで4000円ほど。

最近では、マネーロンダリングで海外送金も厳しく国内銀行によっては断れられることもありますよね。

そんなとき、出金ルートをいくつか確保しておくことが大事です。

bitwalletとSTICPAYは必須

少し前ではネッテラーが有名でしたね。

今では使えません。

ネッテラー難民ですw

そこで有名なのがbitwallet(ビットウォレット)。

ふんわりとメリットは

・入金出金管理が楽。
・手数料が安い
・世界中の証券会社で対応してる。
・即時反映される。

一番気になるのが、手数料ですよね。

出金手数料は一律

出金手数料は一律824円で限度額なし。

つまり、

海外証券会社→国内銀行に送金する場合→MAX4000円ほど

bitwalletの場合、

海外証券会社→bitwalletに送金(無料)→国内銀行に送金→一律824円。

証券会社からbitwalletへ送金は上限あり?!

これは証券会社によって上限金額に違いはありますが、1回の出金額に上限額があります。

10000ドルが上限の場合で500万円出金したい場合は100万円の出金申請を5回繰り返ししなければいけません。

簡単なことですが、ちょっとした手間ですよね。もちろん手数料は無料です。

即時反映も魅力

海外口座に入金する場合、クレカか銀行振り込みが主流ですが、銀行振り込みだと、入金反映まで時間がかかります。

クレカも基本は即時反映が多いですが、JCBだと対応してない、時間がかかる場合があります。

STICPAYは手数料高め

もう一つは、STICPAY

こちらも有名です。

ただbitwalletに比べ、入出金手数料が高く、入出金額の1.5% + 800円になります。

ただ少額(1万円以下)の出金であればSTICPAYのほうが安いです。

STICPAYカードが発行可能

これにより全世界でのATM出金、カード決済が可能になります。

FXの利益をSTICPAYに貯めておき、海外旅行先やネットショッピングに利用できます。

bitwallet、STICPAYのどちらかは対応してる

海外FX証券会社も多数存在しますが、だいたいはbitwallet、STICPAYのどちらかは対応してます。

たまにXMみたいに入金はbitwallet対応、出金は✖みたい場合もありますが、STICPAYは入出金対応してます。

登録も簡単なので両方作っておくといざってときに便利です。

bitwallet

STICPAY

bitwalletまたはSTICPAY対応の証券会社

GEMFOREX

画像付きで詳しく解説しています↓
gemforex口座開設手順

XM

XM 画像付きで詳しく解説しています↓
XM口座開設手順

TITAN


TITAN 画像付きで詳しく解説しています↓
TITAN口座開設手順

AXIORY


AXIORY 画像付きで詳しく解説しています↓
AXIORY口座開設手順

↓合わせて読まれてる記事↓





-お仕事
-, , ,

執筆者: