【産後の黒ずみケア】いつまで?ケア方法と注意点~まとめ~

産後の肌に黒ずみができるのはなぜ?


黒ずみとは色素沈着のことです。

妊娠や出産が身体に与える影響は様々にありますが、肌の黒ずみもその一つであり悩んでいる女性も少なくはありません。

赤ちゃんを出産するにあたって体内ではそれに相応しい環境作りが行われます。

胎児を育てるために女性ホルモンの分泌量が増殖し、紫外線や摩擦・刺激などの体外からのダメージを受けやすくなるのです。

黒ずみができるのも一時的な変化によるものであるため、そう深刻な現象ではないともいえます。

産後の黒ずみの原因はなに?

妊娠を機に女性ホルモンであるエストロゲンやプロゲステロンが増殖します。

これらはシミやそばかすを作る元である、メラニン色素の働きを活発にさせるのです。

このメラニン色素こそが産後の黒ずみの原因でもあります。

胎児の成長に必要な女性ホルモンが増えることで、色素沈着を起こしやすい環境を作ってしまうのです。

メラニン色素は元から肌にあるため、直接的に紫外線を浴びなくても出産の影響により黒ずみができてしまうこともあります。

産後の黒ずみができやすい部位

黒ずみができやすい身体の部位は、顔・ワキ・外陰部・バストトップなどです。

顔は同じ色素沈着でもシミやそばかすとして表れます。
また、肌全体のトーンが浅黒くなった、ワンランク暗くなったと感じる方もいるようです。

デリケートゾーンは比較的にメラニン色素が多くある部位のため、出産による女性ホルモンの変化により黒ずみが起きやすい部位でもあります。
また、乾燥肌など元から肌の状態が不安定な人のほうが影響を受けやすいようです。

産後の黒ずみの解消法


産後の黒ずみは約1~2か月で自然に治まることが多いようですが、なかには定着して元に戻らいないということもあるため、肌の状態を整えるケアをしておきましょう。

皮膚には古い角質を生まれ変わらせるターンオーバーという機能があるため、より効果が表れるように入念な保湿ケアを行います。

美白成分入りのスキンケア用品を使ってメラニン生成を抑えて下さい。

また、紫外線ケアも必要です。極力、肌に摩擦や刺激などのダメージを与えない様に注意しましょう。

産後の黒ずみを予防する方法


紫外線対策を徹底します。

シミ・黒ずみの原因はメラニン色素の増殖ですから、日焼け止めや帽子・日傘などを使って対策を行いましょう。

肌そのものの状態も大きく影響します。

保湿ケアをして肌の状態を整えておくこと、刺激や洗浄力の強い製品を使うのも避けるようにして下さい。

また、生活習慣によるホルモンバランスの乱れも黒ずみの元です。

バランスのとれた食事で栄養を補い、しっかりとした睡眠で疲れやストレスをため込まないようにしておくこと。胎児のために健康であることも大切ですよ。