普段の生活に役立つ知識やアイテムを公開していきます。

産後の恥骨痛っていつまで?【産後の恥骨痛を治す方法】~まとめ~

投稿日:

産後の恥骨痛について

恥骨痛は妊娠中や出産後の母親によく起こる症状で、左右の恥骨を繋いでいる部分が痛むことを指します。
産後に太ももの付け根や周辺に痛みや違和感がある場合は恥骨痛と思ってください。

妊娠中はお腹が大きくなり恥骨が圧迫されることで、恥骨と恥骨を繋げている結合部分が広がってしまうため痛みが表れるそうです。
激痛を伴うこともあり、なかには起き上がることができないという方もいらっしゃいます。
また、出産後そのまま痛みが続くこともよくあるそうです。

産後の恥骨痛の原因とは

恥骨痛は妊娠や出産により「リラキシン」というホルモンが増殖することで起きます。
赤ちゃんを産む時に骨盤が開いてくれなくては困りますよね。
リラキシンは出産に向けて自然に骨盤が開くようにじん帯を緩める働きを行うのです。
そのため出産が近づくにつれ恥骨痛がひどくなるという方もいらっしゃいます。

また、出産を行うと恥骨や骨盤・じん帯に負担が掛かってしまうため、出産後に起こるごく自然な症状ともされているようです。

産後の恥骨痛で気を付けるところ

恥骨痛は骨盤やじん帯の歪みや緩みが原因となっているため、大抵の場合は時が経てば自然に収まるそうです。
個人差によりますが、1か月~半年ほど掛かります。

しかし、なかには痛みが治まらない方もいるようです。
まれに恥骨周辺の筋肉が裂けてしまうという方も。

恥骨痛は場所が場所だけに口に出しにくい症状ですが、痛みがひどい場合はひたすら我慢するということは避けてください。
早めに産婦人科や整骨院を受診することをおすすめいたします。

産後の恥骨痛の改善法

原因となっていたリラキシンは出産を機に減少するため痛みは自然に収まることもあります。
また、出産時に歪んだ骨盤やじん帯を元の状態に戻せば痛みを和らげることも可能です。

歪んだ骨盤やじん帯を戻すためには、整体や膝・骨盤のストレッチ、体操が効果的です。
しかし、産後1か月間は身体が完全に回復していないため、これらは避けておきましょう。

身体に負担を掛けずに恥骨痛を改善させる方法は、妊婦帯や骨盤サポーターを使用することです。
骨盤を矯正することで痛みを和らげることができます。

産後の恥骨痛を予防する方法

妊娠中に股関節周辺の筋肉を鍛えておくのがおすすめです。
妊娠中や産後の恥骨痛はもちろん出産自体が楽になることもありますよ。

筋力の低下も原因となるので、軽めの運動やストレッチを行っておくようにしましょう。
歩くときは大股より小股のほうが負担は少ないようです。運動で痛みを伴うようなら続けないこと、無理をせず安静にしておくことも大切です。

日頃から美しい姿勢や座り方を意識すると骨盤の歪みを抑えられます。
妊娠中から妊婦帯やサポーターで骨盤を補助しておくのも有効ですよ。

-育児・子育て
-, , , ,

執筆者: