生活に役立つかもしれない知識やアイテムを公開!

歯の黄ばみを取る方法-原因と自宅で白くする方法をまとめてみた

投稿日:

歯が黄ばんでいると印象がよくない

今巷では審美歯科が非常に注目されており、歯並びはもちろん、歯の色に関しても人々の意識が高まっています。

芸能人のようにきれいにそろった白い歯を求める人が多くなっているのです。今まではそこまで注目されていなかった歯ですが、これは欧米の影響もあるのかもしれません。

歯は顔の中でとても重要な部分を占め、目と同じくらい人の表情をつくります。そのため、歯の色が黄ばんでいると、相手に不潔な印象をあたえてしまうかもしれません。日ごろ歯磨きすらしっかりできないだらしない人だと思われてしまうかもしれません。

歯が黄ばんでいると口臭がしそうなイメージなので、近距離で話すときに相手に不快感を与えてしまう恐れもあります。口をあけるのが嫌になるまでに黄ばみの対策をするとよいでしょう。

なぜ歯の白身がなくなり黄ばんでくるのか

加齢とともに人間の歯は弱くなるわけですが、それが原因で歯の色が変わることもありますし、他にも原因があります。食べるものや普段の口の中の環境が関係していることが多いのです。

たとえば、甘いものが好きな人。砂糖などを多く含んだ甘いものが好きで良く食べている人は歯が黄ばみやすいです。

糖分は歯をつくっているエナメルをむしばんでしまうからです。

虫歯の原因になるのと同じです。ですので、そうならないように頻繁に歯磨きをし、口の中に甘いものが残っていない状況を作ってあげる必要があります。

エナメル質にあるミネラル成分が溶け出してしまったあと、その再生が間に合わない状況が続くと、歯は自然に本来の白さを失っていってしまうのです。

黄ばみの原因となる食べ物

歯が黄ばむのは、加齢以外にも食べ物に原因があります。

普段の食生活では色とりどりの食べ物、飲み物を口にしているかと思いますが、食べ物の中には色素を含んでいるものもありますし、色素は含まれていなくても、お茶やコーヒー、ワインなどはかなり着色しやすいステインなどが多く含まれているため色がつきやすいです。

しかし、一回食べたり飲んだりしたところでその色が目立つわけではありません。毎日の積み重ねです。どんどんと色がたまっていって、最終的に黄ばみとなるというわけです。

ですから食べ物による着色、黄ばみを防ぐためには、色のついている食べ物や飲み物を口にすることをできるだけ控え、口にしてしまったらすぐに歯磨きやうがいをすることです。

タバコの着色による黄ばみはとれにくい

食べ物や飲み物以外に、喫煙による着色があります。タバコにはニコチンが含まれており、それをすったりはいたりしているうちに口の中にくっついてしまうのです。ニコチンはとても頑固なよごれで、ちょっとやそっとのことでは落とすことができません。

頻繁にタバコをすっていると、歯は茶色っぽい色の黄ばみがかった色になってしまいとても不潔です。また口臭の原因にもなります。タバコの汚れは家庭での歯磨きではおとしきれないことがおおいので、歯医者さんにいってクリーニングやホワイトニングをする方法が一番賢明です。

歯医者さんにはこういった汚れを落とすための専門的な機械やお薬がありますので、短時間で黄ばみをきれいにとりのぞいてもらうことができます。

煙草(たばこ)のヤニ汚れ

煙草を吸う人は、歯の表面はもちろん、歯の裏側にもヤニ汚れがついています。また、表面だけについていると思われるヤニ汚れですが、歯の隙間にもしっかり吸着しています。

市販の歯磨き粉でステインを除去する歯磨き粉が販売されていますが、その大半が研磨剤で歯のエナメル質を削るものです。

特に、美白を売りにした商品は研磨成分が非常に強いので歯にはもちろん、歯茎に負担をかけますので気を付けるようにしましょう。

虫歯や傷がついたところにヤニは吸着しやすいので、ヤニ汚れが付く=削るの繰り返し、まさに悪循環です。
 

頑固なヤニ汚れを落とし方

コーヒーやお茶でも歯の黄ばみの原因になりますが、ヤニ汚れに比べればたいしたことありません。

ヤニ汚れは、歯を完全に変色させます。

市販の歯磨き粉試した方はご存知かと思いますが、ほとんど効果を実感できない商品が多いです。

そこでオススメなのが、薬用トゥースメディカルです。

国際特許成分「網状ウルトラメタリン酸」配合で、人間がもともともっている安全な成分であり、マイナスイオンの働きでステインを剥がし、さらに歯をコーティングして保護してくれます。

市販の歯磨き粉で効果を実感できなかった方にオススメです。

家庭でできる黄ばみ対策

歯が黄ばまないように、または黄ばんだ歯を少しでも白くするために家庭でできる方法、まず、念入りに歯磨きをすることです。できるだけ硬い歯ブラシでやさしく時間をかけて1本1本丁寧にブラッシングしましょう。

あまり強い力でやるとエナメル質の部分までこわしてしまう可能性がありますので気をつけましょう。

歯ブラシだけでは落とせない汚れに関しては、うすめた重曹水やクエン酸をとかした水を使って優しくブラッシングしてみましょう・口の中の粘膜を刺激するといけませんので、歯茎には液体がくっつかないようによく注意してやりましょう。

また、歯をきれいにした後はよごれがとてもつきやすい状態ですので、色がついているものはできるだけ口にしないようにきをつけましょう。

歯の黄ばみをとりのぞき白くするには

歯の黄ばみを取り除き白くするための方法は今はたくさんあります。自然な白色を希望している場合はご家庭でもできるホワイトニングキットなどがありますので、こちらをためしてみるとよいでしょう。

また、歯医者さんにいって超音波や研磨の機械などを使ってクリーニングをしてもらうのもよいでしょう。

もしも黄ばみを完全に取り除き芸能人のようにまっ白に輝くような歯を手に入れたいというようでしたら、それはホワイトニングの施術を受けることをおすすめします。今の歯の色の2,3段階上の明るい色の白色の歯にしてもらうことができます。

少しお金はかかりますが、口元がとてもきれいになりますし、清潔感もでます。歯の黄ばみが気になる方にはおすすめです。

-悩み
-, , , , , , , ,

執筆者: