普段の生活に役立つ知識やアイテムを公開していきます。

【若はげの予防と対策で治る】若ハゲの原因から改善させる方法をまとめてみた

投稿日:2019年4月1日 更新日:

そもそも若はげとは?

 若ハゲとは 若ハゲの大半の人は「男性型脱毛症」に当てはまりますが、特に10~30代に発症する男性型脱毛症は「若年性脱毛症」と呼ばれ、これに当てはまります。

 「男性型脱毛症」は、はげの9割に当てはまり、ハゲの原因です。

 若ハゲの症状として、おでこが後退していく、いわゆるM字はげでだんだん髪が薄くなり後退していきます。あとは頭頂部でつむじあたりがだんだん薄くなり頭皮が目立ち、髪がなくなっていくことです。

 早い人では、10代後半~20代前半で進行していき、特徴として髪が細くなり、短い毛が増え始めます。

その一方で、太くたくましい毛は少なくなるため、髪の密度が減り全体的に薄く見えるようになってしまいます。

今、若ハゲ対策していて、効果を実感できていますか?

できていない人は、自分にあった原因と対策ができていない可能性が大きいです。

まず、自分の薄毛の原因を探すことからはじめることが大切です。

若はげ、薄毛の原因とは?

若はげの原因は、たくさんありますので、原因と考えられるものひとつずつ解説しますね。

まず、自分の薄毛の原因を知りましょう。

若ハゲや薄毛で悩んでいる人は(私もです)、きっとひとつだけが原因ではなく、複数あると思います。自分はなんの原因で若ハゲ・薄毛になっているかを見極めることが大事です。

おおまかでも原因がわかれば、どんなシャンプーを使えばいいか、どの育毛剤を選べばいいか、発毛・育毛方法がわかってきます。シャンプーや育毛剤は、症状に合わせて作られています。ただやみくも育毛剤を使うのではなく、原因をよく考えてから、自分の症状に適した育毛をしましょう。

それでは、原因ですが、

  • ≪ホルモンバランスの乱れ≫

  男性ホルモンの過剰な分泌。テストステロンが若ハゲ・薄毛の原因に。

  • ≪遺伝≫

  親がはげてると、はげると言いますよね。個人差で体質的なもので遺伝する場合もあるみたいですが、可能性は低く直接ハゲが遺伝するものでもないみたいです。
 

  • ≪栄養バランス≫

 食生活の乱れから栄養不足の方が多いようです。髪の成分はタンパク質でできています。タンパク質が不足すると髪は十分に育ちません。もちろんタンパク質を取っただけではだめです。ビタミンやミネラル等吸収に必要です。栄養バランスに気をつけながらきちんと食事しましょう。

  • ≪お酒≫

適度なアルコールなら問題ないのでしょうが、飲みすぎますと栄養の吸収を邪魔したり、ホルモンバランスの乱れにも繋がります。

  • ≪たばこ≫

 タバコは言うまでもありませんね。血行不良です。頭皮への血流を悪くします。健康にも悪いの控えるようにしましょう。

  • ≪ストレス≫

ストレスを感じると毛細血管の収縮で髪に十分な栄養行き届かなくなります。血行不良です。ストレスを感じないで生きていければいいですが、現在では難しいので、ストレス解消法などストレスとうまく付き合っていける方法を見つけましょう。

  • ≪睡眠不足≫

 当然ですが、髪は寝ている間に成長します。特に夜10時~2時の間。このゴールデンゾーンは寝るように心がけましょう。

  • ≪シャンプー≫

自分の頭皮に合うシャンプーで洗いましょう。頭皮に合ってないと抜け毛や薄毛の原因になります。

若はげ予防・防止するには?

若はげを防止するには、若はげの原因とは?に合ったことを実行することです。

対策は早ければ早いほどいいです。

髪があるからと言って安心していると後で痛い目にあいます。

私は、『はげを笑うものは、はげに泣く』と思っています。

髪があるうちに頭皮ケアしている人、してない人では、年を重ねるたびに差が出ます。

30歳の友人に、『髪の毛どんだけ濃いんだ!』『はげる心配はないな』と言ったら、『20歳から育毛剤使ってるからな』って言いました。

そうなんです。髪フサフサの人でも将来はげたくないから、こっそりはげ対策しているのです。あなたの周りにもこっそり育毛剤を使っている人がきっといるでしょう。

はげ対策は、若ければ若いほど効果も大きいです。

食生活はもちろん、睡眠とストレスフリー、そして、シャンプーと育毛剤は、こだわって使うことが大事なのです。

早いうちに自分に合う、シャンプーと育毛剤を見つけることが若はげにならないため必須です。後で後悔しないためにも(私は後悔してます)

若ハゲ予防はできる

いきなりですが、ハゲは予防できます。

では、ハゲ予防するには

  • 食生活はバランスよく。
  • 睡眠は充分にとる。
  • お酒やタバコは出来る限り控える(抑える)
  • 頭皮を清潔に保つ。

です。これらが、若いうちからできていると、ハゲる確率もぐ~っと減ります。

 しかし、『無理だよ~』って思った方もいるでしょう。

 そんな人には、睡眠と頭皮を清潔に保つだけでも実行しましょう。この2つだけでも将来、現在進行形で薄毛の人には、効果があります。

 睡眠は、夜10時~2時が髪の毛のゴールデンタイムと言われています。

 しかし、若い世代は、10時に寝るのはむずかしいかもしれませんね。なので、遅くても12時までに寝ましょう。それでも少なからず効果があります。

 最後は頭皮ですね。頭皮を常に健康に保つことです。つまりシャンプーです。シャンプーは髪の毛を洗うものだと思っていませんか?

 ドラックストア等で1000円前後で販売されているシャンプーは、髪の毛を綺麗に保つように成分配合されています。

 そのため、頭皮には良くないというはよく聞きますよね。すべてがそうだとは言えませんが、大半は頭皮に良くないです。

ハゲ予防に効果的なのは育毛シャンプー

そこでオススメなのは、天然成分配合の無添加・無香料の育毛シャンプーです。

また、髪が細くなってきた等、将来が心配になった時は、迷わず育毛剤を使いましょう。

頭皮ケアが遅くなれば遅くなるほど、薄毛はどんどん進行します。現在、ハゲている人の多くは、完全にハゲはじめてから育毛剤に頼ります。

そうなる前に、きちんとハゲ予防をしましょう。

以下の商品は、私が愛用しているシャンプーと育毛剤です。

正直、愛用する前は、頭皮が脂っぽく、かゆみや頭皮ニキビができていましたが、ウーマシャンプーを使い始めたら、症状が改善されました。シャンプーだけでこれだけ変わるんだぁ~っと衝撃的でした。もっと早く出会いたかった(苦笑)

頭皮が健康的になれば、育毛剤の効果も飛躍的に上がります。

両方ともちょっと価格が高めですが、シャンプーだけでも試しに使ってみてはいかがでしょうか。オススメです!

-悩み
-, , , ,

執筆者: