普段の生活に役立つ知識やアイテムを公開していきます。

【簡単・即効】肘の黒ずみを取る方法~大全集~

投稿日:2018年11月12日 更新日:

肘の黒ずみを取るには原因と予防策を知ること


肘の黒ずみの原因は、汚れからくるものと思っている方が多いですが、日常生活に起こる『摩擦』よる、くすみや色素沈着が大きな原因と言われています。

テーブルに肘をついたりすると刺激を与え、刺激は肌の角質を厚く、硬くしてしまいます。

そのため肘に古い角質が溜まりやすくなり、黒ずんで見えてしまうのです。

予防策として、日常生活では、できる限り肘へ摩擦や刺激を与えないこと。

テーブルでは肘をつかないようするなど、普段から意識することが大切です。

また、ビタミン類は、お肌に良い影響を与えますので、レモンやみかんなど果物は肘の黒ずみには良いので積極的に摂取するのもオススメです。

肘の黒ずみを取る方法

肘の黒ずみを取る方法として、日常のケアが一番効果があります。

ポイントとして、

  • 入浴のときに念入りに優しく洗うこと。
  • お風呂上りには、保湿クリームを塗ってケアする。

角質は柔らかくすると剥がれやすくなりますので、お風呂に良く浸かり角質を柔らかくしてから洗ってあげると効果的です。

洗うときは、強くゴシゴシ洗ってはいけません。刺激を与えてしまいますので黒ずみが悪化する可能性があります。

以上のことで、ひじの黒ずみは段々と薄くなります。

早く肘の黒ずみを取りたい場合は、肌のターンオーバーを早める黒ずみ専用のソープやジェルを使うとより効果的です。

肘はどうして黒ずみやすいの?

肘の黒ずみは半袖を着る季節になると特に気になるもの。

肘が黒ずんでいると清潔感がなく、まるで手入れをしていない人のように思われがちです。

しかし普通に体を洗っていても肘の黒ずみはなかなか解消されません。

肘は主に頬杖をつく癖がついている人に、黒ずみやすいものです。

もともと皮膚は摩擦や刺激・体重の負荷に弱く、肘はお尻と同じくこれらの影響を受けやすい場所なのです。

長期間この状態が続くと色素沈着を起こしてしまい、黒ずんでしまうのです。

肘の黒ずみには他にも原因がある

肘が黒ずみやすい原因はほかにもあります。それは肘の皮膚構造にあります。

肘の部分の皮膚は皮脂分泌量と水分保持量が少ないので肌バリア機能が働きにくく、角質が厚くなりやすい場所なのです。

角質が厚くなっていくと同時に色素沈着が蓄積されていきますので、よりほかの皮膚に比べて黒ずんでしまうのです。

肘が黒ずんでしまった場合は、かかとと同じように軽石などでこすれば取れると考えている人はいませんか?

その方法では、肘の肌にダメージを与えてしまいますのでおすすめできません。

肘の黒ずみを効果的にケアするには

黒ずみをこすって落としたいという気持ちはわかりますが、実は黒ずみは軽石やナイロンタオルでこすっても根本的には解消されません。

肘の黒ずみをケアするには、まず湯船につかって肘の皮膚をやわらかくすることです。

それから刺激の少ないスクラブ洗浄料でやさしくマッサージしてあげましょう。

スクラブ洗浄料を使用するのは月に1回~2回で十分。

大切な角質まで取り除かないためにも、あくまでもやさしくケアしてあげることが大切なのです。

後は保湿クリームなどで毎日お手入れすれば、肘の黒ずみはずいぶん改善されます。

角質ケアのジェルクリームも効果的

肘の黒ずみはお風呂の中で行うスクラブ洗浄だけでなく、最近ではお風呂に入らなくてもできる角質ケアのジェルクリームも販売されていますので、それを使用するのも良いでしょう。

お風呂に入る前に行うと、肘の角質のポロポロも洗い流せて効率的です。

角質ケアのジェルクリームはスクラブ洗浄料よりもさらに肘の皮膚に優しいので、敏感肌の人には特におすすめです。

このジェルクリームで古い角質を取り除いた後は、肘をやさしく洗って同じく保湿クリームなどでケアします。

ちなみに角質ケアのジェルクリームでのお手入れは、週2回~3回の頻度で行うと良いでしょう。

頬杖はつかない!肘に優しい生活習慣を

肘の黒ずみを予防するには、頬杖をつかないようにするなど、肘に摩擦や刺激・負荷を与えないようにすることに尽きます。

また今までナイロンタオルで肘をこすっていた人は、やさしく洗うようにしてください。

肘のケアに大切なのは、やさしく洗ってあげることと保湿を十分に行うことです。

顔のお手入れをするつもりで肘もお手入れしてあげると、色素沈着の進行も抑えられて自ずと黒ずみが解消されていきます。

肘をつく癖をやめるのとやさしいケアで、清潔感のある美肌の肘になれます。

-悩み
-, , , ,

執筆者: