普段の生活に役立つ知識やアイテムを公開していきます。

【肌を白くする方法】中学生・高校生10代女子から男性まで共通の方法まとめ

投稿日:

肌を焼かないように心掛けること

なんといってもまずは、肌を焼かないように心掛けることです。

日々の生活で、日焼けを意識していないと、どうしても日焼けしてしまいます。

つばの広い帽子をかぶり、長袖、長ズボンをはいて完全防備で外出するなどして日焼けを防止することがとても大切です。また、日焼け止めを塗ることも効果があります。

日焼け止めは2~3時間おきに塗り直すことで、効果を期待できます。首の後ろなどは、とても日焼けしてしまう場所の1つなので、塗り忘れないよにしましょう。

日焼け止めは肌荒れなどの原因になってしまうこともあるので、自分のお肌にあった日焼け止めを選び、帰宅後はきちんと日焼け止めを落とし、お肌の普段を少なくすることも大切になります。

美白効果のある食べ物を食べる

美白効果のある食べ物を摂取することで、身体の中から美白になることができます。

オレンジやグレープフルーツといった柑橘系に多く含まれているビタミンCは、紫外線を浴びることによって増えてしまうシミ、そばかすなどの原因になるメラニンの生成を抑える働きがあります。

また、ビタミンCと一緒にアボガドや大豆などに多く含まれているビタミンEを摂取することで、肌の回復効果が早くなります。それから、トマトも美白効果の高い食べ物の1つです。

就寝前にトマトジュースを一杯飲むことで、次の日の日焼けなどのダメージを受けにくいお肌にしてくれます。

普段の食事にこのような美白効果のあるものを意識的に取り入れることで、美白になります。

肌に直接触れるもののサイズの見直し

ブラジャーやパンツなどの下着、ズボンなどの洋服など、肌に直接ふれるもので、お肌を締め付けていませんか?

胸が大きくみえるとか、スタイルがよく見えるからなどといった理由で、きつめの下着などを付けているかたも大勢いるかと思います。
しかし、肌を締め付けることは美白には大敵です。

締め付けられてしまっているお肌の部分に、メラニン色素が発生していまい、色素沈着がおきてしまいます。そのため、下着などにより、締め付けられていた部分のお肌が茶色くなってしまうことがあります。

美白の為には、お肌を締め付けない、痛くない、下着を付ける事が一番です。締め付けない下着はお肌だけでなく、身体にも優しいのでおすすめします。

美白美容液、美白ボディジェルの使用

食べ物や日々の日焼け対策などでも、充分美白効果は期待できます。

しかし、美白美容液や、美白ボディジェルを使用することで、さらに美白になることができます。

ここで注意したいのが、顔にだけ、美白美容液を塗って顔だけ白くなってしまうというパターンです。そうなってしまうと、すっぴんの状態でも、顔と首の肌の色が違うようになり、なんだか変な状態になります。

なので、お顔以外の、首、腕、脚などといった身体全体にも、美白ボディジェルを使用し、身体全体を美白することを忘れないようにしてください。

首の後ろなどは忘れやすいので、塗り忘れがないように、全身くまなく、美白美容ジェルを塗りましょう。そうすることで、全身の美白を手に入れることができます。

きちんと洗顔をすること

きちんと洗顔をすることも美白のためにはとても大切です。

やっぱり、顔って皮脂がたまりやすかったり、女性はメイクをするので、お肌がくすんだり、荒れたりしがちです。きちんと洗顔して、くすみなどをとってあげることが大切です。

まず、自分のお肌に合った洗顔料で洗顔することが大切です。くすみがひどいなら、くすみがとれる洗顔料を、毛穴の黒ずみがきになるなら、黒ずみがきれいになる洗顔料を選びましょう。

洗顔するときは、ゴシゴシとこすって洗うことは禁物です。優しく優しく、洗って洗顔料の成分を浸透させましょう。

また、洗顔後、顔を拭くときは、柔らかいタオルをつかって、ゴシゴシせずに、包み込むように拭くことで、肌に負担をかけません。

睡眠時間をしっかりとる

美白の大敵、メラニンは、しっかり睡眠をとることで排出することができます。

きちんと睡眠をとると、新陳代謝が活発になります。

その結果、肌の生まれ変わるスピードが早くなり、メラニンを外に排出してくれます。

また、お風呂で湯船にしっかりとゆっくりつかることでも、新陳代謝が活発になり、同じようなことが期待できます。

仕事に、家事、子育てなどで、なかなかお風呂にゆっくり使ったり、充分な睡眠時間をとるということは、難しい生活をしている方が多いとは思います。

しかし、美白のためには、こういうリラックスできる時間を確保して、お肌を休ませてあげてください。そうすることによって、色の白い、とても透き通った肌になることができます。

-悩み
-, , , , , ,

執筆者: